※この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い場合がございます。

2020/07/30

#黒い砂漠-コショウ栽培で金策ができるのか検証してみた

みなさん、お疲れ様です!うえもんでございます!

栽培がとても楽しい今日この頃

黒い砂漠では色々なコンテンツで遊ぶことができますが、栽培は皆さんどうされていますか?
今回、僕が目を付けたのは「コショウ」の栽培です。「高級」でも「特急」でもない、無印のコショウです。

結論から言うと

  • ①需要が高い種を植えよう
  • ②強いフェンスを借りれるだけ借りよう
  • ③労働者を雇って、作業効率を上げよう
  • ④種は種職人から買おう

金策はしたいけど自分で楽しみたい

後で記載していますが、自分だけで栽培すると収穫までの効率の悪さが異常なので労働者は必ず雇って配置しましょう。でも、僕は雇わず自分の力だけで栽培を楽しみます。

コショウを選んだ理由

まずはこれを見てください。

並び変えると見やすいですね

無印コショウ(以下:コショウ)は取引所の登録数が0件です。さらに購入待機の数を見てみましょう。

こんなに需要が!?

なんと50,000件以上の購入待機が!

となると、1つ2,550シルバーで販売できるわけですから、単純に50,000件として計算しても、全部売れるとしたら...

127,500,000シルバー!

なので、大量に植えてやろうと強いフェンスを、ハイデルのプラビアーノさんから連続レンタル。

同じ人からレンタルできます

ちなみに、フェンスは設置してから7日経過すると強制撤去されますが、種を植え替えるたびに設置の期限がリセットされます(再度7日の期間が設けられます)。なので、借りてしまえばずっと使えます

実際に植えてみたところ

約4時間ほどで成長するんですが、労働者を派遣しないと、枝打ちや害虫被害が頻繁に起こりました。放置すると6時間以上経っても成長しないなんてこともあります。最初は10マス全てにコショウ(1つ/1マス)を植えていたんですが、あまりの被害の多さに数を減らしました。

水路の恩恵は正直少ない

今は水路×1つ&コショウ×8マスで、1マス余りがあるんですが、植えたコショウの距離が近すぎると枝打ちの発生確率が上がるようなので、効率&美しさを優先しました。

収穫量は?

1つあたり、約50~80個ほど収穫することができます。でも問題点がありました。

品種改良で種を確保するのは非効率

自給自足で種も得ようと思うと、現在の配置では最低でもフェンス1つあたり8個の種が必要になります。でも、種は確率で1~3個ほどしか出てきません。いくつか収穫してみた結果、8マス中で実際に「収穫」できるのは2~4マス(最大約200個程度)

カルフェオンのアルちゃん

種は買った方が良いです。はい。

1つ3,240シルバーで買えるので、バッグに余裕のある状態ならまとめ買いしておきましょう。

全部収穫すれば、フェンス1つあたり400個~560個収穫できます。つまり1,428,000シルバー稼げます。

ちなみに、僕はそうと分かりながらも、品種改良で種を取って、完全な自給自足を楽しんでいます。

他のおすすめ品種は?

同じように購入待機が多くて、出品数が0件の物を探してみると、イチゴやトウガラシが該当しました。もちろん無印です。
どちらも収穫まで育ててみましたが、トウガラシは枝打ちも発生しにくく(1つあたり2マスのため、5つしか置けないからスペースに余裕がある)、収穫できる数も100個前後/1マスあるため非常にオススメです。イチゴは単価が安かったので微妙...

苦労が楽しい

今まで効率の良さを中心に話しましたが、放置系の近作としては非常に優秀です。でも、僕みたいに労働者も雇わず、種も買わず、超非効率な方法で苦労してみると、収穫できるときの楽しさは倍増しますよ♪

▼使っている機材など

生活中心のコンテンツで遊ぶうえもんの12Keyマウス設定は、また別の記事で...

最後までご覧いただき、ありがとうございました!
◀ トップへ戻る